BTOパソコンとは?

マウスコンピューターだけでなくBTOパソコンとはいわゆる受注生産方式のパソコンを指しています。Bulid to Orderの略称がBTOとなっており注文を受けてからパソコンの生産を行っていきます。

いわゆるメーカー製PCとの違いは拡張性の自由度です。メーカー製はすでに完成品を店頭に並べて販売するのが主流です。注文時に各パーツを自分好みに変更することはできません。

打って変わってBTOパソコンは受注生産のためベースとなるパソコンは準備されていますが自分好みにCPU、GPU、メモリ、ストレージなどをカスタマイズと称してアップグレード、グレードダウンさせることが可能になっています。

メーカー製PCでは手の届かない痒い部分に手が届く…これがBTOパソコンの魅力です。

パソコンを買うならBTOがおすすめの理由

各パーツ部分を自由にカスタマイズができるため自分の求めるスペック、機能性をパソコンに搭載させることができます。

例えば動画、画像を多くストックしたい場合にハードディスク容量を注文時に増やすことができたり、映像編集、動画編集、ゲームなどをメイン作業で行うなら映像関係に強いパーツである高性能なグラフィックボードを搭載させることもできます。

またメーカー製PCとは違いBTOパソコンは受注生産式なので販売側は余計な在庫を抱えません。そしてBTOパソコンの母体はPCパーツショップです。そのためコストを抑えてパソコンを制作ができ安い価格で提供しています。

メーカー製PCと比較すれば同じ価格帯で購入するのであればBTOで注文した方がよりスペック、機能性の高いパソコンを購入することができます。

マウスコンピューターのBTOパソコンは安くて高品質

常に技術革新によって新しいパーツが誕生するPC業界。マウスコンピューターはいち早く最新パーツをキャッチしてパソコンに反映をしています。またPCパーツショップといった母体もあるので大量に仕入れるため単体価格の仕入れ値コストを下げることができます。

最新パーツを搭載したハイスペックPCでもメーカー製とは違いお手頃価格で提供しているのがマウスコンピューターの魅力。

また自作だと全ては自己責任ですがマウスコンピューターのBTOパソコンは1年間無償保証、24時間×365日電話サポートなど自作にはないメリットが盛りだくさんです。初めてBTOを利用するユーザーであっても安心と安全を提供しています。

マウスコンピューターのBTOパソコンは国内生産

安いからといって品質を妥協しているのではなく逆に品質にこだわっています。生産は全て長野県の飯山工場を中心として生産を行っており徹底した生産管理のもと受注したパソコンを丁寧に組み立てています。

組み立てが完了したパソコンはOS、各ソフトウェアをインストール後、機能性試験、安全性試験を実施して確実に動作する製品かのチェックも怠っていません。

↑ ページの上部へ