BTOパソコンが届いたら行うチェック項目

BTOパソコンは出荷前など動作確認をして動くことを確認した上で出荷をします。しかし配送中の衝撃などで不具合を起こる可能性もゼロではありません。そのためBTOパソコンが届いたらすぐにセッティングをするのではなく下記のチェック項目を確認した上でセッティングを開始していきましょう。

箱の中身、納品書を確認

まずは届いたBTOパソコンは注文通りかを確認します。基本的に納品書には注文した商品、スペック等の記載があります。自分の注文した内容と相違がないかを確認するようにしましょう。

また付属品も入っているかを確認します。梱包するのは機械ではなく人間です。もしかしたら忘れて同梱品が付属しない場合もあるかもしれません。すぐに電源をつけてゲームしたい気持ちもわかりますが少し堪えて内容に間違いがないかを確実にチェックしていきましょう。

初期不良のチェック

納品物に不足がなければ初めて開梱をしていきます。そして次に行うことは電源を入れて各デバイスが正常に動作するかのチェックです。これは出荷前に行われていることですがパソコンは精密機械です

もしかしたら自宅に届くまでの過程で衝撃が加わり正常に動作しない可能性もあります。デスクトップの場合であれば本体に加えてマウス、キーボード、ディスプレイをつなげて動作チェックをしましょう。

無事にパソコンが起動してもファイルが壊れていないか、ソフトウェアが正常に動作するかもチェックします。

もしパソコンが起動しない…動作しないソフトウェア、アプリがある場合は初期不良の可能性があります。購入店に電話して相談をしましょう。自分で無理に直そうとせずにBTOでは保証、サポートがつくので活用して直した方が確実です。

最後はシステム情報の確認

パソコンの動作に初期不良が見当たらなければ安心せずに最終チェックをします。それがシステム情報の確認です。

納品書ではしっかりと注文通りであっても正しく搭載されていない可能性もあり得ます。そのためシステム情報を確認して搭載メモリー、CPU、GPUなどをチェックしましょう。ここで問題がなければようやく本格的に使用して問題ありません。

面倒かもしれませんがとても大切なことです。自由度の高さはBTOの魅力ですが自分の注文通りに納品されたかをチェックすること、つまり内容確認は重要項目になります。

↑ ページの上部へ