マウスコンピューターのデスクトップPCの種類

マウスコンピューターの一般的な用途に使うデスクトップPCの種類はスティック型、スリム型、ミニタワー型、コンパクト型、液晶モデルセット型がラインナップされています。一般用途に使うPCなので格安〜ハイエンドのスペック、価格もピンキリで用意がされています。

パソコンの使用用途がWebサイト、動画、簡単なオフィスソフトの活用程度ならこのデスクトップジャンルから選ぶのが良いです。多種多様なラインナップで本体サイズも豊富。自分の部屋でパソコンを設置するスペースに合わせた筐体サイズを選ぶこともできます。

マウスコンピューターのデスクトップPC「LUV MACHINES」

マウスコンピューターのデスクトップシリーズは「LUV MACHINES」が主流になっています。BTOパソコンなので自分の好みに合わせたCPU、チップセット、グラフィックボード、ストレージ、メモリなど注文時にカスタマイズができるようになっています。

LUV MACHINESではCPU性能、搭載グラフィックボードに分けてラインナップが充実されており用途に合わせたパソコンが豊富にあります。

マウスコンピューターのデスクトップPCの価格帯

  • スティック型PC……14,800円〜
  • スリム型PC……42,800円〜
  • ミニタワー型PC……37,800円〜
  • コンパクト型PC……39,800円〜
  • 液晶セットモデル……49,800円〜

価格帯はデスクトップの形状に合わせた変化があります。最安値は上の表通りになります。ここからスペックに合わせて価格帯が変わっていきます。

マウスコンピューターでおすすめのデスクトップPC

パソコン一式を揃える予定であれば液晶セットモデルがコストパフォーマンスが非常に高いです。基本的にBTOパソコンは液晶ディスプレイは別売りですがマウスコンピューターの液晶モデルセットはディスプレイ付きの価格になります。

デスクトップ型はノートと違い別途で液晶ディスプレイが必要になるため一式を揃えるならセットモデルの方が安くなります。

ハイスペックを求めるならグラフィックボード搭載のミニタワー型LUV MACHINESシリーズがおすすめです。

高性能なグラフィックボードを搭載しているためパソコンでゲームができたり動画も綺麗な画質で見ることができます。映像、動画制作をする場合もグラフィックボードは必須パーツなので普通のパソコンより高スペックPCが欲しい方はグラフィックボード搭載モデルを選ぶと満足ができます。

↑ ページの上部へ